これを実践するだけで顧客LTVはアップする

新規顧客よりお得意様へ目をむけろ

企業がやっきになって探しているのは、顧客LTV(顧客生涯価値)を最大まで高める確実な方法です。欲しいものが行き渡り、市場が成熟した先進国では、新規顧客を開拓するのが年々難しくなっています。既存のユーザーを管理して、いかに多くの自社製品を買ってもらえるかに焦点を絞り対策を講じる方が、かかる経費もぐっとも安上がりにすむのです。いかにして得意客に多くの商品やサービスを購入してもらうか、店舗への訪問回数を増やしてもらうか、より高額な商品やサービスにシフトしてもらうか、知恵を集め実践するマーケティング戦略において最も大切なのが顧客管理のハウツーではないでしょうか。

具体的に結果を出すために

功を奏しているのが、顧客のセグメンテーションとパーソナライズです。自社ブランドを好んで利用してくれる顧客の購買履歴や、カスタマーサービスへの問い合わせ履歴などの詳細をひとつにまとめ、データーベース化します。このデータを元にお得意様の嗜好やニーズを割り出し、追加商品をさりげなくセールスすれば、買ってくれる確率が高いことがわかっています。通販サイトを利用したことがある人なら、オススメ商品が自動で表示されるのを見たことがあるはずです。利用者の購入ヒストリーや検索履歴のデータから好みや属性を割り出しているために、こうしたアピールができるのです。「このオススメはちょっと違うな」と思うこともありますよね。完全一致する未来は意外に近いかもしれません。

顧客LTV最大化の方法を理解するにあたり、経営学に関する様々なノウハウが必要となるため、時折セミナーなどに足を運ぶことが良いでしょう。