カルテの保管スペースが要らなくなる!?電子カルテを導入するメリット

患者さんのカルテをいち早く検索

電子カルテはコンピュータ上で閲覧や修正等を行えるカルテです。

大きな病院では既に電子カルテを導入しているケースが多いのですが、小さな病院でも電子カルテを導入する所が増えています。

病院で診察を受ける時、初診の場合には最初に受付などがカルテの作成を行い、自分が診察を受ける時には受付から担当医の下にカルテが渡され、診察の結果や処方箋の内容などを記載する事になります。

カルテは病院の中で保管が行われるのですが、大きな病院などの場合は患者さんの数が多くなるので、カルテを探す手間が多く掛かる事になります。

その点、電子カルテは治療を受けに来た患者さんのカルテを画面上に表示出来るようになります。電子カルテを画面上に表示する時には健康保険証や病院の診察券などに記載してある情報を利用して検索すれば良いので、カルテを探す手間などが不要になりますし、カルテには過去の処方箋や治療などについての情報が記載してあるので、診察をスムーズに行えるなどのメリットを持ちます。

カルテの保管はコンピュータの中

電子カルテは保管場所がコンピュータのハードディスクになるため、紙のカルテを保管する必要がなくなります。小さな病院でも患者さんの数は数千名以上に及ぶため、紙のカルテを利用している場合、新しい患者さんが病院に訪れればカルテの量が増えてしまい、保管場所も困ります

紙のカルテは患者さん毎に割り振れた番号を使って管理が行われているケースが多いのですが、カルテの量が多くなればなるほど探すのに時間がかかる、小さな病院には限られたスタッフしかないので、電子カルテを導入する事でカルテを探す手間を省けますし、電子化を行えば保管場所も不要になります。

電子カルテはカルテ入力用のテンプレートを作ることでキーボード入力の負担を大幅に減らせるので、キーボード入力が苦手な医師や看護師でも安心して使えます。