社員研修のメリットと注意点!より効率的な研修法とは?

職場内研修のメリットと注意点!

社員研修の一つに、OJTと呼ばれる職場内研修というのがあります。一般的な研修方法として多くの企業で行われているもので、効率的に人材を育成する為の方法として活用されるものです。

この職場内研修のメリットとして挙げられるのが、社内で行う業務に直結した指導を受けることが出来ること、そしてコストも低く抑えられる上に個々の能力に合わせた指導が行えることなどです。職場内で研修を行うにあたってコストがあまりかからず、部下の不足している能力を成長させることが出来ます。

しかし、この研修は誰もが均一な効果が得られるものではなく、指導者の質によって能力の上がり方が左右されてしまうので注意が必要です。

職場外研修のメリットと注意点!

off-JTと呼ばれる職場外研修は、目まぐるしく変わる経営環境に上手く対応出来るように対外的に能力開発やスキルアップなどを行っていく方法です。個人のキャリアプランに合わせた研修を行っていく為、職場内研修にはない様々なメリットがあります。

まず、日常的な業務では得られないようなスキルや技術などが身に付けられます。特にいつもいる職場とは全く違う環境で研修を行う為、当人に新たな視点で物事を考える効果も期待出来ます。人脈を広げることも出来るので、後から役に立つ可能性もあります。

ただし、いざ研修を終えたとしてもその能力やスキルがいつでも発揮出来るようになるとは限りません。さらに時間と費用もかかる為、確実な費用対効果があるかどうかは分からないので注意しましょう。

管理職研修は、数日かけてリスク回避方法や部下とのコミュニケーションを学ぶ機会として多くの企業で導入されています。