社員研修のメリット!仕事を好きになる学ぶべきポイント!

何のための社員研修?

社会人なら誰しも通る道、それが社員研修です。新入社員を対象にした新人研修をはじめ、現職の社員のスキルアップ向上のためのスキルアップ研修、管理職に管理能力を身に付けされるためのマネジメント研修などがあります。普段の業務をストップして研修に参加することもあり、「めんどくさい」と感じる人も多いのではないでしょうか。せっかくの社員研修をより有意義なものにするために少し考え方を変えて取り組んでみてはいかがでしょうか?

新人研修の心構えにつて

新人研修は、入社して初めて会社の考え方や風土、仕事の進め方について触れられる場です。実際に仕事をしているわけではないため、「何のために新人研修をしているのだろうか」と研修の意味を見失いがちになりますが、この数カ月間にしっかりと会社の考え方や仕事の進め方を身に付けることで、新人でも即戦力がある社員として活躍することができます。まずは基礎をしっかり学ぶのだという心構えで研修に取り組みましょう。

スキルアップ研修の心構えについて

社員に対して今よりもスキルを向上させてほしいという会社の願いがあります。スキルアップ研修はいかにも『勉強』というイメージが強く、参加することに抵抗もありますが、自分の新たな武器を作る、という心構で参加してみてはいかがでしょうか。

マネジメント研修の心構えについて

社員に対して今よりマネジメントする能力を身に付けてほしいという会社の願いがいあります。管理職の人間にスキルがない場合、部下たちに適切な指示を出すことができません。『適切な指示ができない上司=適当なことを言う上司』となり、会社からも部下からも信用を失う可能性があります。マネジメント研修には部下のため、今後の昇進のためにという心構えのもと参加すると良いでしょう。

新入社員研修の内容は、基本的なビジネスマナーや会社独自の慣習把握がメインとなります。学生気分が抜けきれない社員たちに、社会人としての自覚を持たせられるかどうかがポイントです。