声で集客!個性的な音声POPのメリットと作り方

魅力的な店舗作りには音声POPが欠かせない

ネット通販が普及した現代においても、実店舗でお客さんが物を選んで店員から買うという方式が主流であることに変わりはありません。実店舗のメリットとしては、商品を自分で確かめられるという点が挙げられますが、競争を勝ち抜くには他店にない個性を身につけなければなりません。商品の安さはもちろんのこと、それを買いたくなるように宣伝を工夫することが求められます。ここ数年は手書き広告、いわゆるPOPが目を引く店舗が注目されていますね。このような文字のPOPに加えて、音声POPで集客を行ってはどうでしょうか?

音声POPとカセット・CDは何が違う?

音声POPとは、店頭で人の声と音楽で商品を宣伝するものです。従来のカセットやCDによる宣伝も音声POPの一種ですが、人が近付いた時にセンサーで感知して音を流す、音声POP専用機器も登場しています。メーカーが配布する音声POPもありますが、手書きPOPのように店舗オリジナルの音声POPを作ることで、よりお客さんの印象に残りやすくなります。

思わず買いたくなる魅力的な音声POPの作り方

自作の音声POPで商品を効果的に宣伝するためには、ただ商品名を言うだけではなく、特徴をわかりやすく伝える必要があります。録音の前に台本を作成しましょう。音声POPで宣伝する商品を決めたら、まずその特徴を一言で表現して、次にそれを補足する情報を列挙し、最後にその商品を買うべき結論を説得力ある言葉で述べることが大切です。実際に録音する時は、明るく元気な声で歯切れ良く話すことが重要になります。自分がお客さんならこの音声POPを聞いて商品を買いたくなるだろうかと考えて、必要があれば再度録音しましょう。

音声POPは音声で行う広告媒体の事を指します。手書きの物よりも、ディスプレイや音声を利用することで関心を引きやすくなります。